2010年は5月中旬から、約一カ月間もの間お世話になった一枝軒から始まり
6月中旬にはギャラリー江と、二つの東京。

ワールドサッカーで日本中が盛り上がる中での個展でした。


一枝軒は、オーナーの手料理が好評でお客様に大変喜んでいただきました。

白象工房の器に、美味しいお料理が次々と出され皆さんご満足な様子が
伺え、とっても幸せなひと時でした。



一枝軒店長、いつもありがとうございます。



銀座は歌舞伎座の横を少し入ったところのギャラリー江では
雨・雨・雨・・・にもかかわらず来て下さる、いつもの温かい方たちとの会話が楽しく
ギャラリーは、近況報告から人生相談へと・・・

さぁてと、
今夜は誰と何処へ食べにいきましょうか・・・?

今回の目玉は、水琴窟と日時計です。
両会場でとても人気者の日時計でした。

嫁ぐ前の我が庭で、記念写真